2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
相馬小高神社の桜
里親募集中の子達のご紹介   こちら  にまとめました。
是非 お知り合いの方へのご紹介や、お近くのお店などに 
印刷して頂いたものを置かせて頂けたりしたら大変 ありがたいです!
シェア・拡散をよろしくお願いします!



被災猫等の譲渡会
~SAVEフクシマ! SAVEアニマルズ!~


17834388_1445716512152850_3645650249109184863_o (318x450)

4月23日(日)
AM11時~PM13時
会場 NEXT21 1Fアトリウム
新潟県新潟市中央区 西堀通6-866 Next21ビル

あにまるガードの猫達(犬は写真で参加)の譲渡会です!

新潟のあにまるガードが譲渡会に参加します。

◇譲渡会のお知らせ◇
4月23日(日)にNEXT21で新潟動物ネットワークさん・新潟市動物愛護協会さんのご協力の元
猫の譲渡会をしていただく事になりました。
今まであにまるガードでは譲渡会が出来ずにいたので、新体制になってから初めての譲渡会となります。
約45匹の猫がエントリーしています。
一匹でも多くの子達に新しいご家族とのご縁が繋がりますよう1人でも多くの方達にご来場いただけたら嬉しいです。
詳しくはチラシをご覧下さいませ。どうぞよろしくお願い申し上げます。
※あにまるガードfacebookより転記




にゃんだーガード里親会

今月は4月23日(日)


里親会チラシ (319x450)

AM10時~PM15時半まで
三春町山田字福内100-1

皆様のお越しを心からお待ちしております!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*


桜ネタばかりですみません(^_^;)


活動時に少し足をのばして 相馬小高神社

相馬小高神社は、奥州相馬氏の居城であった小高城跡にあります。
国指定重要無形民俗文化財「相馬野馬追」の3日目の野馬懸の祭場地として広く知られております。
桜の名所としても有名です。


震災の起きた2011年 

福島第一原発から 20キロの区域は警戒区域に指定されて

2011年 4月22日から検問に阻まれて閉ざされた区域となりました。

その年 この区域への入域は ほとんどが突破

山側の人知れずの林道などから侵入するルートを 活動するもの同志で共有し

検問をいかに通らず 警察やパトロールにいかに会わず

この区域内に入域し

まだ残されている子の元に たどり着けることが出来るか

すべては運任せ。

自分自身の良識に自問自答しながら 

それでも救い出せるかもしれない命を どうやったら救う事が出来るのか

悪いことをしているわけでは無いのに

犯罪者 とみなされるような状況の中

社会的な立場の人も 

なんで!なんで! と苦しみながら動物を救い出していたような現状でした。



そういった活動の際の ピリピリした空気 絶望や 危機感の中で 

相馬小高神社は

私の中でオアシス的な存在だったことを思い出します。

当時 何か所か パトロールの来にくい(見晴らしがよい・隠れやすい)拠点的な場所を

自分の中で 確保しながら行動していて

その中でも相馬小高神社にお世話になったという感覚が強くあります。

当時は 神社の境内も 地震の影響でかなり壊れていて

たまたま会った住民さんが 戻すのは大変な事だと言われて落胆した姿がとても印象的でした。


o0405072011933677151 (253x450)
※鳥居が壊れている 震災当時の写真

小高神社はこの地域のお祭り 相馬野馬追の野馬懸で重要な役割のある神社

2012年に 桜を見に来て以来 しばらく 訪れていなかった小高神社

神社も 修繕されていて 桜も見事に咲いていました。

17952835_1173014532809405_4318594028358818181_n (248x450) (248x450)
17952707_1173163889461136_625581669589357129_n (450x253)
17952676_1173163856127806_7909889253721921649_n (450x253)
17951907_1173014742809384_2459973014484190854_n (450x253) (450x253)
17952537_1173014659476059_3595537073440123486_n (450x253) (450x253)
17951483_1173014562809402_3513896136555865473_n (450x253) (450x253)
17861620_1173163939461131_4928913315560502900_n (450x253)

今年こそは!と何度も行きたくて行けていない相馬野馬追だけど

年々 避難区域の地元を より知るきっかけが増えて よりこの地域を愛するようになっていく。

歴史がもともと大好きで 様々な背景も含め この震災の思い出の風景が広がる小高の地


2011年 10月 小高区 で保護したゆぴちゃん

dog_58_2.jpg

ゆぴの子ども達も元気にしているかな?

あの時のレスキューは本当に本当に 大変だったな~(^_^;)




ご支援のお願い!
シェルターの運営は 未だ厳しい状況を脱していませんが
なんとか出来ないかと代表は金策に必死で動いてくれております。
この現状を打開することが出来ず シェルターを失えば
多くの動物たちが居場所を失います。

どうか皆様のお力を貸してください。
ご支援方法はこちら↓↓↓

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*


【ご支援のご協力のお願い】

■支援金について
支援金のご協力をいただける方は、下記口座へお願いいたします
ゆうちょ銀行 二一八(ニイチハチ)支店 
普通口座 3533562 にゃんだーガード
( 記号12130 番号35335621)

※シェルターの維持管理費・収容動物の医療費・給餌保護活動費・TNR費用として大切に使わせて頂いております。
ご支援金を支援頂いたご報告お礼は、代表ブログのトップに掲載しております。
収支報告は、年一回 ホームページ代表ブログ上に掲載されます。こちらを参考にしてください。
支援物資への金銭の同封は、紛失の恐れもありますのでお避けくださいますとありがたいです。 
領収書をご希望の方は、振込日・振込名義・金額・送付先のご住所とお名前を
dorianbutamaro-kanare★yahoo.co.jp(★→@)まで
または、シェルター固定電話0247-73-8915ご連絡ください。
領収書の宛名や但し書きにご希望があれば、その内容もお願いいたします。
※特にご希望のない場合、「振込名義」「支援金」で作成しております
■物資のご協力について
送付先 福島県田村郡三春町山田字福内100-1 にゃんだーガード
現在緊急に必要なものに関して、トップ固定内を編集し、緊急で募集いたしますので、もし宜しければ常にこちらの文章をご確認頂けますと大変助かります!
にゃんだーガード アマゾンほしいものリストは、常時ほしいものを掲載させて頂いています。
支援物資をとご検討下さる際にはぜひご参考にして頂けますとありがたく思います。
シェルターにお送りいただいた支援物資に関しては、毎日その都度到着のご連絡をする余裕がありません。
月に一度ほど掲示板でのご報告とさせていただいておりますのでどうぞご了承ください
■ボランティアについて
現地でお手伝いしていただけるボランティアさんを募集しています
長期~日帰りまで可、シェルターで宿泊できます。
日程・同行人数が決まりましたら、掲示板のボランティア参加表明専用スレッドに書き込むとともに、
注意事項・ボランティア規則の確認をお願いいたします。
新規投稿はせず、上記リンクを開いたら下に行き、件名が Re:【シェルターボランティア参加表明】
の状態で書き込んでください。

最寄の社会福祉協議会で 「ボランティア活動保険」の天災タイプにご加入ください。
ご自分の怪我に関しては「自己責任」でも済みますが、他人に怪我をさせた場合や物品を損傷して
損害賠償責任を負われた場合のことをお考えいただき、出発前に必ず加入ください。 
加入の翌日から有効となります。
加入せずに現地へ来られた場合、活動への参加をお断りしたり 活動内容を限定させていただくことがあります。
なお 参加当日の到着時刻変更やキャンセルなどのご連絡は、シェルターへ直接お電話下さい。
メールや掲示板ではチェックが間に合わない場合があります。
シェルター固定電話 0247-73-8915   ※7時から23時まで



  
 
2017年夜ノ森の桜並木
2017年04月04日夜ノ森ライトアップ 蕾
17523281_1233277676727282_8096169326239328040_n (248x450)
17796617_1233277716727278_254577417030590798_n (450x253)
17796086_1233277743393942_5784500131685318443_n (450x253)

2017年04月09日 頂きもの写真 夜ノ森南
17629614_1167662053344653_6035584889463113566_n (248x450)
17757432_1167661973344661_1334082494575009785_n (450x253)
17861979_1167662120011313_3456511236648760552_n (450x253)
17861668_1167662086677983_7463996754283631853_n (450x253)
17522814_1167661943344664_2659075575222270544_n (450x253)


2017年04月14日 富岡町夜ノ森南地区 
17952968_1173164749461050_2494479234290293785_n (450x253)
17951746_1173164826127709_5520372398691614860_n (450x253)
17904279_1173164886127703_6827728793620216946_n (450x253)
17523427_1173164792794379_6044378429388172503_n (450x253)

2017年04月15日  夜ノ森ライトアップ
17952536_1173012039476321_477225099279903964_n (248x450) (248x450) (248x450)
17951762_1173011512809707_7251005918100897674_n (450x253) (450x253) (450x253)
17951674_1173011859476339_6419372028547142414_n (450x253) (450x253) (450x253)
17951623_1173011562809702_2867359303854787004_n (450x253) (450x253) - コピー (450x253)
17951492_1173011419476383_6797434849607731464_n (450x253) (450x253) (450x253)
17861609_1173011929476332_593256949475383318_n (450x253) (450x253)
17757610_1173011739476351_3156907643534127936_n (248x450) - コピー (248x450)

 
つぼみまだ硬し 夜ノ森の桜
里親募集中の子達のご紹介   こちら  にまとめました。
是非 お知り合いの方へのご紹介や、お近くのお店などに 
印刷して頂いたものを置かせて頂けたりしたら大変 ありがたいです!
シェア・拡散をよろしくお願いします!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

昨日 一昨日と避難区域(元避難区域)での活動でした。

ちょっと体調が悪く 疲れておりまして あちこち痛い だるい 頭痛い 動かない(いつもか(^_^;))

手抜きな文章ですが ご報告だけでも。。。。


浪江の猫達は 問題なく2日間で保護出来ました。

やはりお父さんと思われる子は 震災を生き抜いてきた子と思われ

相当慎重で お腹すいてもすいても捕獲器の横をまわるだけで

ちっとも入ってくれません。

ダミー捕獲器に餌をいれて数日間与えてくれていたおかげで

夜中にようやく入ってくれて 朝一番で保護できました。

出発の時に 作業員のおっちゃん方々が みんなで送り出してくれました。

幸せにならんといけんね。




夜ノ森桜並木も同様に

現在の帰還困難区域の桜はまだまだ蕾が硬く 開花が読めない感じです。

17554348_1154840971293428_6000484656907759144_n (450x253)
17626559_1154840907960101_6185134303540240869_n (450x253)

満開が12日以降ではないかと思われますが

8日のお祭りはまだ早いかもね~と許可書をもらいに行ったときに役場の人も言っていました。

17553832_1154841041293421_8647703773902404497_n (248x450)
この富岡町のマークは 三つの「ト」を図案化したものだそうです。
マークは花をモチーフにすることが多いけど桜ではないんだと意外です。



夜ノ森 つつみ公園は 早咲きの桜が咲いていました✿

17458331_1156343401143185_2169225331231049744_n (450x253)
17499548_1156342951143230_5270783972793837970_n (248x450)
17522654_1156343084476550_360586793871749236_n (248x450)
17553657_1156342734476585_5932703406648594896_n (248x450)
17629615_1156342834476575_4226988171754815572_n (248x450)
17458121_1156343457809846_8650720305418308502_n (248x450)
ある場所に梅並木があって 手入れされていないから力強く咲かなくなってきている。
17630055_1154842141293311_2112701966806726247_n (450x253)
避難区域の解除されるすぐのところの帰還困難区域内は 2.4マイクロシーベルト
つつみ公園で桜祭りが開催できるようになるのはまだ遠いですね。

さくらモール富岡が 今日全店オープンなので 行きたかったのに一日早くて行けなかった~

生活の拠点となる スーパーがオープンするという事は
この地に 住む と決めた方にとって 本当に待ち遠しかった事だろう。

私達ボランティアにとっても とっても嬉しい事(=^・^=)

震災後の無残な富岡町が とっても活気づいていく事とても嬉しい。

色々問題はあるけれど、医療関係もこの後充実していくそうです。

応援していきたいです。











*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*


【ご支援のご協力のお願い】

■支援金について
支援金のご協力をいただける方は、下記口座へお願いいたします
ゆうちょ銀行 二一八(ニイチハチ)支店 
普通口座 3533562 にゃんだーガード
( 記号12130 番号35335621)

※シェルターの維持管理費・収容動物の医療費・給餌保護活動費・TNR費用として大切に使わせて頂いております。
ご支援金を支援頂いたご報告お礼は、代表ブログのトップに掲載しております。
収支報告は、年一回 ホームページ代表ブログ上に掲載されます。こちらを参考にしてください。
支援物資への金銭の同封は、紛失の恐れもありますのでお避けくださいますとありがたいです。 
領収書をご希望の方は、振込日・振込名義・金額・送付先のご住所とお名前を
dorianbutamaro-kanare★yahoo.co.jp(★→@)まで
または、シェルター固定電話0247-73-8915ご連絡ください。
領収書の宛名や但し書きにご希望があれば、その内容もお願いいたします。
※特にご希望のない場合、「振込名義」「支援金」で作成しております
■物資のご協力について
送付先 福島県田村郡三春町山田字福内100-1 にゃんだーガード
現在緊急に必要なものに関して、トップ固定内を編集し、緊急で募集いたしますので、もし宜しければ常にこちらの文章をご確認頂けますと大変助かります!
にゃんだーガード アマゾンほしいものリストは、常時ほしいものを掲載させて頂いています。
支援物資をとご検討下さる際にはぜひご参考にして頂けますとありがたく思います。
シェルターにお送りいただいた支援物資に関しては、毎日その都度到着のご連絡をする余裕がありません。
月に一度ほど掲示板でのご報告とさせていただいておりますのでどうぞご了承ください
■ボランティアについて
現地でお手伝いしていただけるボランティアさんを募集しています
長期~日帰りまで可、シェルターで宿泊できます。
日程・同行人数が決まりましたら、掲示板のボランティア参加表明専用スレッドに書き込むとともに、
注意事項・ボランティア規則の確認をお願いいたします。
新規投稿はせず、上記リンクを開いたら下に行き、件名が Re:【シェルターボランティア参加表明】
の状態で書き込んでください。

最寄の社会福祉協議会で 「ボランティア活動保険」の天災タイプにご加入ください。
ご自分の怪我に関しては「自己責任」でも済みますが、他人に怪我をさせた場合や物品を損傷して
損害賠償責任を負われた場合のことをお考えいただき、出発前に必ず加入ください。 
加入の翌日から有効となります。
加入せずに現地へ来られた場合、活動への参加をお断りしたり 活動内容を限定させていただくことがあります。
なお 参加当日の到着時刻変更やキャンセルなどのご連絡は、シェルターへ直接お電話下さい。
メールや掲示板ではチェックが間に合わない場合があります。
シェルター固定電話 0247-73-8915   ※7時から23時まで



  
 
震災から6年 3.11 それでも 命を救いたい Ⅳ
震災から6年 3.11 それでも 命を救いたい Ⅰ写真を追加しています。是非見直してください(^_^;)

震災から6年 3.11 それでも 命を救いたい Ⅱ

震災から6年 3.11 それでも 命を救いたい Ⅲ

こちらを読んでからお読みいただけると幸いです。





葛尾村の捕獲器確認から始まった 二日目 朝一で村を駆け抜けて

富岡町帰還困難区域へ捕獲器の確認と給餌にまわり
※今回は この区域からは 残念ながら保護は出来ずでした。

お昼前くらいを目指し 114号線で浪江を抜けて 飯舘村へ

今回の活動は、

アメリカの写真展をとりまとめて頂いている ボランティアさんのケリーさんと
熊本の新聞記者の Nさんとの活動でした。

17361645_1146387888805403_6967962754078589729_n (248x450)



もう 昨年の 熊本の地震からも 一年になるなんて・・・

本当に月日の過ぎるのは早いものです。

ケリーさんは本当に凄い方で、 どこでも足湯隊 の隊長さんです。

うちの活動をお手伝いしてもらうのも申し訳ないくらい とても忙しく被災者支援に駆け回って下さっている方です。

熊本の被災地でも活動されているところ 熊日新聞のNさんと出会ったそうで

何かのご縁なのでしょうね(*^_^*)今回の東日本大震災から6年目の3.11の活動に同行してくださることになったのです。

その様子を 13日の熊日新聞に載せて頂きました。

17352542_1146387828805409_5605649099067183403_n (248x450)





熊本の益城のご出身だというNさん

とても純粋で 心の優しい女性でした。

こういう方が記者さんでいると日本も明るく思います。



12日の昼前に飯舘村に入り Nさんと合流

まずクマとゲンのお家に行きました。

家主のSさんは、80歳を超えているというのに

震災からほぼ毎日 犬と猫のため 家の補修や整備のために避難していた伊達市から通いつづけました。

震災6年 なんと休んだのは4日間だけだったと。

いつも飯舘村に行く際は寄るようにしていましたが

ほぼ会えなかった事はありません。

息子さんが鹿島区に 家を建ててくださったとのことで

今は借り上げ住宅を出られて新しい生活をスタートされています。

そこにクマゲンがいるとのこと。
※クマ・ゲンは震災一年目に通りかかった時に妊娠していることが解りにゃんだーガードに一時受けいれて手術をした子です。

今度絶対に会いに行って来ようと思います!

猫達は、飯舘の家に残しましたが この子達がいるのが張り合いで

震災後ほぼ 毎日 飯舘村まで通って来たのですから本当にすごいです。

か細いおじいちゃんですが本当に元気なSさん。長い避難生活の中で奥さんはご病気になられて殆ど飯舘には帰って来れないと。

3年前の 大雪の際には このお宅に泊めて頂きました。

あの日、Sさんも雪で帰れなくなって家に泊まっていた。

でもだからあんな大雪で覆われた飯舘村で ほっこりおいしい小豆ご飯と白菜の味噌汁を頂けた。

大変だったけど今では 良い思い出話です。

あと、このお宅は、にゃんだーガード保護の

トイ・サン・リキ・ソル・ウラ のお宅です。
お母さんは 三毛のチョビちゃんでなくお出かけしていたキジトラさんだけど。

ウラは私が失敗して保護後 シェルターで逃がしてしまった子 
その後 当時のシェルター長さんが保護してくれたのはありがたかったです。
私も 色々6年間 勉強し成長しました。

シェルターに入ってからはなかなか来られなくなってしまった飯舘村ですが

住民に知り合いも多くいますので会えると本当にうれしい。

Sさんに会うのも 昨年11月以来でしたが 元気でおられて本当に良かったです。

飯舘村で 慣れ親しんだ土地は 比曽・久保曽と蕨平 両方とも飯舘村で

唯一 帰還困難区域に指定されている長泥地区の両隣です。

そこの給餌へまわりました。

まだまだ飯舘村にも 保護してあげたい子達は本当に沢山います。

状況はどこも変わらず厳しいです。

昨年は飯舘村の子を沢山保護してあげられました

でも 今は 他が 緊急の場所ばかりになってしまって 飯舘村の子の保護が今後しばらくは出来ないです。



猫の給餌は ほとんど残っていました。

ボランティアさんたちが協力して 捕獲器をダミーにして 保護しやすいようにされていたり

給餌しているボランティアさんの 6年間の努力が 飯舘村の犬猫を生かし続けている。

飯舘村にはなかなか来れないでいるけど なじみの子達に会えるのがとてもとても嬉しい。

また来なくちゃと思う活動でした。 


Nさんとはお別れして飯舘をまわってから

最期 捕獲器を掛けていた葛尾村に。

狙っていたサビ猫さんを保護出来ました!


本当にここのところいつも来るのを待ちわびていた子です。

やっと幸せへ導いてあげられます。






6年間 色んなことがあって 人間の都合や避難区域の区域編成で

動物たちの置かれる状況も 変化していきました。

震災直後の 6年前に活動し 動物を 被爆しながら救ってくださった方は 沢山いましたが

この避難区域(旧避難区域)の活動を6年間継続して行っているのは

現在では本当に 少ない団体と個人です。





普通の被災地では無い 原発事故による被災地域 同時に避難区域の

動物の給餌・保護活動ですが

私達は そこに残されてきた動物たちを生かして 幸せに導いてあげたい 

ただそれだけの思いです。



震災の被害だけでなく

原発の事故による警戒区域設定による大量死だけでなく

更なる試練による

人間の都合や 区域編成によって生きづらくなった動物たちが

まだあの地に残されているのです。

どうかどうか忘れないで欲しい。

それだけなのです。





17190454_1140824962695029_9084749871963393581_n (450x253) (450x253)
飯舘村Sさん宅 チョビとケリーさん
17264721_1140825106028348_7453507408545863460_n (248x450) (248x450)
P1090735 (450x254)
SさんとNさん(熊日新聞記者さん)取材中
P1090737 (450x254)
この景色にいたクマとゲンは新しいお家で暮らし始めることが出来た。
17201111_1140824909361701_7242032489692862621_n (248x450) (248x450)
Sさん宅 福寿草が・・・
17202719_1140825149361677_4636522054741912006_n (248x450) (248x450)
久保曽のピッコロ
P1090726 (450x254)
6年間ずっと待っているピッコロ
P1090749 (450x254)
蕨平側 帰還困難区域のゲート
P1090765 (450x254)
蕨平のラブラドール ラブちゃん 6年変わらずこのポジションでお出迎え。゚(゚´Д`゚)゚。
P1090773 (450x254)
P1090780 (450x254)
P1090787 (450x254)
お父さんは見守り隊だったので毎日来ていると思いますが 避難区域の生活をしない家で6年間繋がれているラブちゃんです。
お散歩とっても楽しそうにしてくれます。涙しか出ません!
P1090810 (450x254)
涙やけがさらに程くなってきたので次回は薬を持って行ければと思います。
P1090813 (450x254)





飯舘村はこの3月末までで 避難指示が帰還困難区域の長泥以外は解除され 帰村出来ることになりました。

そうかといって住民に会える頻度は上がったけど 戻ってくる人はそれほど多くありません。

6年残されたままの子達のもとに 家人が 帰って生活を再開することも少ないです。

私の知っている飯舘の人は、ほぼ 家を別の土地で購入し生活をはじめました。

家に残している犬猫を連れて行かない方もいます。

頭をかしげることばかりの人間の行動について何を言っても仕方がない

6年間 変わることなくこの状況は続いているわけで 

本当に どうして? という言葉しかないです。



しかし 動物だけでなく 本当に人間の人生も狂わせた原発事故です。


起こってしまったものは仕方がないですが

その後の対応が良くなかった。

ただ それだけで、6年間もの間  人も動物たちも 苦しみ続けています。




震災から6年 3.11 それでも 命を救いたい Ⅰ

にも書きましたが

今後の ペット防災に 福島の教訓を どう生かすか だと思います。

熊日新聞の Nさんは 福島で何も学んでいない熊本があったと言いました。


あなたのお住まいの行政の震災時の対応方法を 今一度調べてみてください。

マニュアル化はされてきていますが、実際 活かされて正しい行動が出来る行政

震災が もし明日起こった場合 に スムーズの対応できるところはほとんどないと思います。

私自身の地元も まだまだだと 思っています。

が、行政を動かすのには 時間が掛かりますので 

まずは身近なところから

自分の場合 を考えて 想像して どうペットと避難するのか。守るのかを考えてほしいです。

意外と想像できていないことに気が付きませんか?


皆さんも 自分の置かれた状況下の中で 

今何をしなくてはいけないのかをもう一度 見直して みてほしいと思います。
何度も言ってすみません(^_^;)

どうか、同じことを繰り返さないでください。



にゃんだーガード シェルター長 代田岳美









【ご支援のご協力のお願い】


■支援金について
支援金のご協力をいただける方は、下記口座へお願いいたします
ゆうちょ銀行 二一八(ニイチハチ)支店 
普通口座 3533562 にゃんだーガード
( 記号12130 番号35335621)


※シェルターの維持管理費・収容動物の医療費・給餌保護活動費・TNR費用として大切に使わせて頂いております。
ご支援金を支援頂いたご報告お礼は、代表ブログのトップに掲載しております。
収支報告は、年一回 ホームページ代表ブログ上に掲載されます。こちらを参考にしてください。

支援物資への金銭の同封は、紛失の恐れもありますのでお避けくださいますとありがたいです。 
領収書をご希望の方は、振込日・振込名義・金額・送付先のご住所とお名前を
dorianbutamaro-kanare★yahoo.co.jp(★→@)まで
または、シェルター固定電話0247-73-8915ご連絡ください。
領収書の宛名や但し書きにご希望があれば、その内容もお願いいたします。
※特にご希望のない場合、「振込名義」「支援金」で作成しております

■物資のご協力について
送付先 福島県田村郡三春町山田字福内100-1 にゃんだーガード

現在緊急に必要なものに関して、トップ固定内を編集し、緊急で募集いたしますので、もし宜しければ常にこちらの文章をご確認頂けますと大変助かります!
にゃんだーガード アマゾンほしいものリストは、常時ほしいものを掲載させて頂いています。
支援物資をとご検討下さる際にはぜひご参考にして頂けますとありがたく思います。

シェルターにお送りいただいた支援物資に関しては、毎日その都度到着のご連絡をする余裕がありません。
月に一度ほど掲示板でのご報告とさせていただいておりますのでどうぞご了承ください

■ボランティアについて
現地でお手伝いしていただけるボランティアさんを募集しています
長期~日帰りまで可、シェルターで宿泊できます。

日程・同行人数が決まりましたら、掲示板のボランティア参加表明専用スレッドに書き込むとともに、
注意事項・ボランティア規則の確認をお願いいたします。
新規投稿はせず、上記リンクを開いたら下に行き、件名が Re:【シェルターボランティア参加表明】
の状態で書き込んでください。
  
最寄の社会福祉協議会で 「ボランティア活動保険」の天災タイプにご加入ください。
ご自分の怪我に関しては「自己責任」でも済みますが、他人に怪我をさせた場合や物品を損傷して
損害賠償責任を負われた場合のことをお考えいただき、出発前に必ず加入ください。 
加入の翌日から有効となります。
加入せずに現地へ来られた場合、活動への参加をお断りしたり 活動内容を限定させていただくことがあります。
なお 参加当日の到着時刻変更やキャンセルなどのご連絡は、シェルターへ直接お電話下さい。
メールや掲示板ではチェックが間に合わない場合があります。
シェルター固定電話 0247-73-8915   ※7時から23時まで

















 
震災から6年 3.11 それでも 命を救いたい Ⅲ
震災から6年 3.11 それでも 命を救いたい Ⅰ

震災から6年 3.11 それでも 命を救いたい Ⅱ
こちらを読んでからお読みいただけると幸いです。



明けて  3月12日も 避難区域での活動でした。

朝一番で 昨日の案件とは別の

急ぎ保護しなくてはならない場所の捕獲器を確認しに 葛尾村へ

急ぎ保護しなくてはならないのは

葛尾村のある牧場 有名な名馬を出した牧場だとか・・・聞いたことがあるようなないような。

昨年から散々フードを置いていたBOXをイノシシがぶっとばして

まともに給餌したフードが次の活動時にはまったく残らないような状態でしたが

高床式給餌台に変えてからは、荒らされることも飛ばされることも無くなって安定した餌場となってくれたというのに・・・

家を解体し、リフォームして造りなおしたりして敷地内が綺麗になったからなのか・・・

連携ボランティアさんが もう給餌を辞めてほしいと言われてしまいました。

牧場主さん 当団体のTNRで 震災後に この牧場の子達は手術を行っています。

キジ白の子達は牧場主さんの子も含め ほかの子達もここにいて構わないという感覚だったですし

昨年解体が始まってからも、給餌をしていた車庫の屋根は 猫達のために残したと解体業者の人に聞いていたので

今まで生きつづけて来た子 全ての子の命を絶つ 給餌をしてはいけないというお願いをされたことに

とてつもない悲しみに襲われました。



しかし、当団体の状況を考えると 

5匹以上はいると思われているこの給餌場所で すべて保護することは難しい。

譲歩の話し合いが出来ないかと手紙を残すことにして

それでも、6年も生き続けてきた子達ですから

保護してあげるのが良いに決まっていて、保護出来る子達からボランティアさんと協力して居場所を探していこうという事で

捕獲器をかけることにしたのです。


11日の夜にかけた捕獲器に 前回見かけた キジ白の子が入ってくれていました。

保護出来た子は 責任もって居場所を捜します。

震災後6年を 週一~2週に一度ペースの 給餌をそして美味しいおやつを待ちながら

生き繋いできた子達です。

昨年の7月に葛尾村の避難指示(帰還困難区域を除く)は解除されていますが

避難区域だったころと全く変わらず 生活の営みはほぼ見えません。


この牧場の子を 含む 葛尾村のあちこちに6年も生き続けた命が待っているのです。

住民さんを責めることも出来ません。

責めたって何も始まらないし

動物たちの事を考えると状況が厳しくなることは避けたい。

話し合いはしますが 避難区域が解除されたところには こんなところが沢山あるのです。



帰還困難区域の入域の 時間まで 葛尾村の数軒を確認してまわりました。

夏湯

17190457_1140826392694886_5990352463565667369_n (248x450) (248x450)

カメラのSDカードを交換しましたので確認作業をしました。
映っていた猫は3匹
たぶん白猫(夜の写真は柄が見えなので何とも言えないが他の写真を見ると真っ白の様な感じ)
と思われる子と キジトラ と茶トラです
PICT0052 (450x338)
PICT0101 (450x338)
PICT0093 (450x338)
PICT0088 (450x338)

猫パラ1
17264259_1140826346028224_9047201410984111938_n (248x450) (248x450)
P1090698 (450x254)

キジトラの子が出てきました!
この現場も、5匹前後がいるのではと思われます。
どこも 震災前から 6年間以上 生き続けている子達ですが
家主さんは、自分の猫とは思っていません。
高床式の台を置いたので、荒れることは無くなると思いますし
安定してご飯を食べれているのでみんなコロコロしています。

でも ここだって いつか保護してあげたいと思う現場です。

帰還困難区域手前Mさん宅
P1090690 (450x254)
チャシロ君が保護出来ないところですが、少し離れた場所で見かけました。



シェルターの運営にしろ 保護してからの行先にしても厳しいことは変わりません。

どうかどうか より多くの方に こんな厳しい環境下で生きつづけて来た子がいるという事を知って頂きたい。



昨日のブログにも書きましたが・・・



すでにお知らせしている通り 運営が大変厳しい状況の中であり

もし当団体が 多頭飼育崩壊一歩手前であると皆様に判断して頂いているとしても

この避難区域の活動自体が にゃんだーガードを含む ほんの数団体又個人にしか出来ないという点においても

簡単にお任せすることの出来る事が少ない。

そのうえ、この活動をしている方は 基本的にいっぱいいっぱいでやっておりますので
簡単にお願いできない現状があります。


どうか 皆様のご支援で 乗り越えることが出来る活動だという事

原発避難区域 という事を十分に理解してくださって

私達にお力を貸してくださる方。

厳しい意見もおありだと思いますが どうかご協力をよろしくお願いいたしますm(__)m





【ご支援のご協力のお願い】


■支援金について
支援金のご協力をいただける方は、下記口座へお願いいたします
ゆうちょ銀行 二一八(ニイチハチ)支店 
普通口座 3533562 にゃんだーガード
( 記号12130 番号35335621)


※シェルターの維持管理費・収容動物の医療費・給餌保護活動費・TNR費用として大切に使わせて頂いております。
ご支援金を支援頂いたご報告お礼は、代表ブログのトップに掲載しております。
収支報告は、年一回 ホームページ代表ブログ上に掲載されます。こちらを参考にしてください。

支援物資への金銭の同封は、紛失の恐れもありますのでお避けくださいますとありがたいです。 
領収書をご希望の方は、振込日・振込名義・金額・送付先のご住所とお名前を
dorianbutamaro-kanare★yahoo.co.jp(★→@)まで
または、シェルター固定電話0247-73-8915ご連絡ください。
領収書の宛名や但し書きにご希望があれば、その内容もお願いいたします。
※特にご希望のない場合、「振込名義」「支援金」で作成しております

■物資のご協力について
送付先 福島県田村郡三春町山田字福内100-1 にゃんだーガード

現在緊急に必要なものに関して、トップ固定内を編集し、緊急で募集いたしますので、もし宜しければ常にこちらの文章をご確認頂けますと大変助かります!
にゃんだーガード アマゾンほしいものリストは、常時ほしいものを掲載させて頂いています。
支援物資をとご検討下さる際にはぜひご参考にして頂けますとありがたく思います。

シェルターにお送りいただいた支援物資に関しては、毎日その都度到着のご連絡をする余裕がありません。
月に一度ほど掲示板でのご報告とさせていただいておりますのでどうぞご了承ください

■ボランティアについて
現地でお手伝いしていただけるボランティアさんを募集しています
長期~日帰りまで可、シェルターで宿泊できます。

日程・同行人数が決まりましたら、掲示板のボランティア参加表明専用スレッドに書き込むとともに、
注意事項・ボランティア規則の確認をお願いいたします。
新規投稿はせず、上記リンクを開いたら下に行き、件名が Re:【シェルターボランティア参加表明】
の状態で書き込んでください。
  
最寄の社会福祉協議会で 「ボランティア活動保険」の天災タイプにご加入ください。
ご自分の怪我に関しては「自己責任」でも済みますが、他人に怪我をさせた場合や物品を損傷して
損害賠償責任を負われた場合のことをお考えいただき、出発前に必ず加入ください。 
加入の翌日から有効となります。
加入せずに現地へ来られた場合、活動への参加をお断りしたり 活動内容を限定させていただくことがあります。
なお 参加当日の到着時刻変更やキャンセルなどのご連絡は、シェルターへ直接お電話下さい。
メールや掲示板ではチェックが間に合わない場合があります。
シェルター固定電話 0247-73-8915   ※7時から23時まで








































 
プロフィール

にゃんだーガードスタッフ

Author:にゃんだーガードスタッフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ