2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
原発避難区域の連携レスキュー
給餌・保護活動のご報告が全くできていません(・_・;)

同じ活動をしている方々は、本当にまめに報告しているのに

私は出来ませんで本当に申し訳ありませんですm(__)m


ここ最近は、シェルターのボランティアさんがほとんどいなくても

二週に一回二日間の連携レスキューで動いています。

一つには、自分自身の給餌ポイントの命を連日入ることで保護率を上げること。

一つには、遠くから来るボランティアさんの負担を減らせればと思っています。

体力的にも、精神的にも本当に大変な活動です。

連携している方、また同じく活動をしている方すべて

事故や怪我なく活動を毎回終えることを祈っています。


にゃんだーガードの他のスタッフには本当に無理をさせているのですが、

私がレスキューでいない日は、前もって早く仕事に来てくれたりして頑張ってくれます。

本当に良いスタッフがいてくれてここの猫達は幸せです(●^o^●)

IMG_5478 (250x188)

※富岡帰還困難区域

ここの所、天気には恵まれていて、

激暑いこともなく、凄い雨という事もなく

結構快適に給餌出来ているけど、

明日は雨予報?



この春は、給餌場所で本当に沢山の野生動物(タヌキが多かったが)

の亡骸を埋めました。

IMG_5473 (250x188)
※大熊棒給餌ポイントのウツギの花

なぜ、動物達が亡くなったのかは本当に解らないけど
※疥癬が酷い子も沢山いました。

こちらが思いを寄せている子は捕獲器に入ってくれないしで

精神的にも辛かったです。

IMG_5476 (188x250)
※某給餌場所で毎回のように入る野生動物。

カメラで確認できているところにも、野生動物は住み続けていて

本当に猫達のためのいいレストランになっていた某給餌場所まで

屋根裏に入り込んだアライグマが、夜中になると

家族総出で大宴会している。


あまりにもひどすぎるので、ここは一度給餌を取りやめて
※すぐ裏に別の給餌場所があり誘導をおこなっていますので大丈夫です。

とにかくアパートの屋根裏部屋から

ご飯を無くすことで出て行ってもらうことに。


沢山の子を保護しそして飼い主さんの待っている子もまだ残されている場所です。

引き続き継続して頑張りたいと思います。

IMG_5490 (250x188)
※給餌の際のお邪魔むし~野ばら~痛いやら引っかかるやら~


団体個人の連携レスキューでは、役割を決めていて

場所、チェック項目、給餌量などがおおまか見当つくので

今では給餌の日の前々日くらいから

夜もそもそ動き出して

給餌の準備を始めます。

現場ではよりスムーズに、ぬかりなく行いたいので。

IMG_5471 (188x250)

車内のフードの配置・水の配置 一つで作業の能率が上がるので

積み込みもぬかりなく(笑)

捕獲器を数日設置することもあるので、チェックの際にすぐ取り替えられるように

タッパにパウチと焼カツオなどを入れたものをあらかじめ用意して

IMG_5477 (188x250)
※連携レスキューと別の自分の捕獲器も合わせて20個以上は持っていきます。

給餌用フードを ご支援頂く方には本当に感謝です。



連携レスキューを取りまとめられている犬猫救済の輪の結さんは

二週に一度のこの活動、遠く川崎から来て下さって

今回の給餌が終わった後も、次回の打合せやレスキュー者間の連絡をし

ずっと気の休まる事は無い状態。

どれだけ大変かと思います。

いつ給餌に行けなくなるか解らない原発直下の場所も含め

給餌をしてきた猫達への責任も含め

私たちは、給餌ポイントの全頭保護を目指しています。

犬猫救済の輪様のブログ

☆福島 給餌ポイントの猫たちへの責任  2016年4月までに全頭保護を目標 
  センサーカメラのご支援ご協力をお願い申し上げます。


こちらの物資を

にゃんだーガードでも、お願いさせて頂きますm(__)m

給餌ポイントの確認作業としてセンサーカメラを募集させてください。

それと同時に、SDカードも入れ替えで確認作業を行うのでご支援頂けるとありがたいです!

高価なものですが、原発避難区域はいつでも行ける場所ではないために

カメラが大きな力となります。

皆様のご理解とご協力をお願いいたしますm(__)m



カメラの取り付けに駆け回るまだおさん

IMG_5482 (188x250)

給餌器も、ガタがきて倒壊寸前だったのをチョイチョイと直してくれます(*^_^*)

IMG_5484 (250x188)

昨年の今頃、こちゃを保護した場所。

IMG_5491 (250x188)

保護時 避妊手術済だったこちゃ

長期ボランティアのイッシャンと穏やかな生活を送っています。



捕獲器を掛けたポイントで。

IMG_5492 (250x250)

捕獲器を掛けている間 給餌用フードを一晩置いておいたら・・・

穴あけたの猫さまかな?

捕獲器のご飯には目もくれず・・・

もう!お願いだから入って頂戴よ~(>_<)


除染で命を絶たれた木

IMG_5494 (250x250)

もっと目が出そうな節の上のところで切ればいいのにね(・_・;)


でもやっぱり力強い百日紅の木は

IMG_5493 (250x250)

根本だけだったのに、もりもり生えてました~♪


帰りに、原発避難区域の方にあらかじめお断りして、自宅のお花を切らせて頂いて

IMG_5481 (250x188)

亡くなった知人のお墓参りをして帰りました。




明日明後日は 原発避難区域の連携レスキューです。

活動の無事、どうか保護できますようにと

皆様も祈っていて頂けると心強いです(●^o^●)


現在、当団体の保護猫の枠をとっくに越してしまっています。

まだ必死にあの区域で生きている命のためにも

現在いるシェルターの子達の里親さんになることを検討して頂けたら幸いです。

今年の子猫も現時点で、16匹います。

来週中にはすべての子の情報を@福島に載せますので

可愛い子たちぞろいでメロメロになって下さること間違いなし。

三毛ちゃんの赤ちゃんたちが滅茶苦茶可愛いです(*^_^*)

小さな命をほんの少しでも守って幸せにしていきたいから

皆様のご協力を宜しくお願い致しますm(__)m


そして、重ね重ねお願いしたいのですが

ボランティアさんが大変少なくなっており

スタッフが休みを取れない状態です。

是非ボランティアのご検討を宜しくお願い致します!



お願いばかりで申し訳ありませんが、

皆様に ご協力いただけるとありがたいです。




PS 隊長のブログでお願いさせて頂きました
子猫用パウチ さっそくご支援が届いています。
本当にありがとうございます!







スポンサーサイト
 
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

にゃんだーガードスタッフ

Author:にゃんだーガードスタッフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ