2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
給餌・保護活動の報告
里親募集中の子達のご紹介   こちら  にまとめました。
是非 お知り合いの方へのご紹介や、お近くのお店などに 
印刷して頂いたものを置かせて頂けたりしたら大変 ありがたいです!
シェア・拡散をよろしくお願いします!


*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

正直 給餌活動の報告は 毎回同じことの繰り返しなので
マンネリ化しがちですみません(^_^;)

なので私の好きな植物の話でにごしながらの報告になります。

猫さん に会えればね~でもなかなか会えないしね~(^_^;)

でもまだまだいるんだよね。。。(;_;)

時間がない時は 正直 カメラも持ちたくないほどの不精でして(^_^;)

せっかく猫に会ったのに写真撮れない事も

皆さんになかなかお伝えすることが出来ないのですが

しかも今回は 携帯の充電コードを忘れたことに気が付き

あっという間に充電も尽きてしまった(つД`)ノ

結局 途中でコードを買うはめに・・・(泣)


という事であんまし写真が無いのですが(笑)

避難区域(旧警戒区域)の浜通りに出る道は 

新緑が一番きれいな季節でした。

18301912_1188514227926102_8768902162906470785_n (450x253)

車をなかなか停められないのでとっても綺麗な風景の所を写真に収められなかったのですが

薄いグリーンでもグラデーションがあって凄くきれいなんです。

桜よりやっぱり落葉樹の多い福島は 新緑の時期が 山々は一番きれいです(´∀`*)

白味が強い新芽はナラの木だそうです。

昔 被災者の方に教えてもらいました。

遅咲きの山桜が 新緑の合間に入り込んで そよそよと木々はゆれて・・・

ずっと見ていたいほどの 綺麗な季節です。



富岡町 夜ノ森の桜は新緑の季節

18268299_1188514041259454_5316401761131983153_n (450x253)

桜並木のトンネルは 葉っぱのトンネルへ

この時期も 綺麗なものです(=^・^=)


毎年 これを逃したくない

チャンチンフラミンゴという木です

18195049_1188514191259439_131359584190841830_n (248x450)

夜ノ森の南端に植えてあるのですが

センダン科の木で新緑の時期ピンク色(フラミンゴ色)で新芽が出てくるのです。

それがとっても綺麗なのですが日本はあまり植わっていません。
ニュージーランドで初めて見た時から虜なのです。

すみません~好きな木なのでご紹介したかっただけです(^_^;)

誰が植えたのかいつも気になるんですよね~




今回は、一日半の活動でしたが

帰還困難区域~避難指示解除区域~帰還困難区域~葛尾村~帰還困難区域~葛尾村と言った具合(^_^;)

一晩またいでの保護活動でしたが 保護はなしでした。



この日の前日から 浪江の帰還困難区域 十万山での火事がおこっていて

浜通りは 始終 ヘリコプターの音が騒がしかったです。

浪江町と言っても、この山 かなり南の山で 都路や双葉にせっている場所くらいにあるみたいで

高速を走っていたら 双葉あたりで 煙が車に入ってくるほどでした。

本日5日目まだ沈火していないみたい。

主要道路から離れた場所なので、震災後崩れた場所もそのままになっているような地域と推察されて
地上で火消しできないのはかなり厳しい状況。

消防や自衛隊の方々は休日返上で頑張ってくれているのでしょう。
早く沈火しますことを祈っております。

手伝えることなんて無いのだけど。そこにいる動植物の事が気になってしまって・・・



今回は 合間に 飯舘村まで 被災者さんからの頼まれごとで向かいました。

震災から6年ずっとお世話になっているお宅です。
※時間が無かったのでこのお宅だけの訪問でした。あっピッコロにはおやつとベロベロされて来ました。

この家の コブシの木が大好きで
18198778_1188514094592782_5341569183100379557_n (248x450)
18268187_1188514174592774_5598687219003345216_n (248x450)
18268279_1188514121259446_5614168903261830357_n (248x450)
ここ数年 咲く時期に来れなかったのですが 久しぶりに咲いているのを見ることが出来ました。
※町指定の天然記念木に指定されている立派なコブシの木 

震災二年目くらいまではちゃんと立っていた標識も朽ちて倒れて 樹の勢いが少し衰えた感じがします。

その後ろの 祠や大きな石も 神がやどっていそうな場所なのです。

守るべき家主を失った神様はとても寂しいだろうと思います。

でも 誰もいなくなった家を守ってくれているのかな。

このお宅は 愛してやまない猫達が 眠っているお宅です。

震災後 TNRを行った最初の場所。
震災時に生きていた子は3匹が天に上って。火葬した上で山に埋葬しました。唯一の子孫の子が 現在もシェルターで過ごしています。



今回 家主さんにとって来てほしいと言われたものがありそ のお手伝い

前は、そういう時は、飯舘村に一緒に行くようにしていたのですが 行きたくない。 と言います。
※お父さんは車を運転できません。しかし 今でも 給餌のための拠点としてご自宅を使わせて頂いているので感謝感謝なのです。ということで出来る事はさせて頂いています。

昨年 福島にあらたに家を建ててから

もうがっかりするから飯舘に行きたくない。 家を見たくないというようになりました。

せっかく 今年 帰村 を果たした飯舘村ですが

帰りたくても帰れなかった人もいて

諦めざるおえなかった人がいて

元には戻せないことも本当にいっぱいあって。

※この方のご自宅は 線量も高い帰還困難区域 長泥の真横で 比曽地区 
決して低い放射線量とは言えない地域ですので

若い世代は帰ってきません。

5年前から お付き合いのあるお父さんですが

年々の心境の変化を見ていると 本当に いたたまれ無い気持ちになります。

帰村を決めた村長 帰ると決断した村民 帰らないと決断した村民

どれが 正解なんてないのだろうけど。

何も考えたくない気持ちなのに 判断を迫れれて 無理くり 判断させられて

これで良かったのだろうかと

自分の人生の最期

平和に終わるはずだった農村の のどかで豊かな生活をすべて奪った 原発事故です。

それをお話していると 実感して とてもとても悲しいです。

傾聴しか私には出来ませんけど。

お家に行って見て来た報告

あのお花咲いていたよ。あそこに植えてあったのなんだっけ?などとお話しすれば
少しは飯舘の事を思い出しながら、楽しそうに話をしてくれます。

塞ぎこんで病気にならないと良いのだけど。と思います。



このお宅の家屋 猫達のためには残してほしい家屋なのですが・・・

正直 家主さんのためにはこのままにしておいても
今後は解体をする場合は自分ですべてやらなきゃいけないわけで
※ある時期までに申請すれば解体に費用は掛かりませんでした。

でもその判断をするギリギリの時期に、
猫の居場所はどれか一つ建物残せば良いからと 解体することを勧めたのですが

結局 お父さんは解体しませんでした。

正直 家を汚してしまったのは、人がいなくなったことも要因ではありますが

給餌をし続けた私達にも責任があります。
※野生動物は家をあらしてやりたい放題でした。

結局 残してくださったことで救われている命が沢山あるし 

給餌することに一言も 言わないでいてくれるお父さんです。

本当にありがたい事です。


家に帰りたくないという言葉が グサッと 胸に刺さり

私もとても悲しい気持ちになりました。

正解などないんだって解っているのですが。

家が荒れなかったら 飯舘に戻ってくる判断しただろうか。。。




原発避難区域の 犬猫のレスキューだけど

複雑な地域だからこそ

犬猫だけでなく 人との付き合いがとても大事だと感じ

動物のために動いている事も

最終的には 人に関係している事を実感します。

動物助けは人助けであると本当に実感する日々なのです。

※話が思いっきりそれてしまっていますが気にしないでください。
葛尾村の事も書こうと思ったのですが また今度に。




まだまだ終わりの見えない帰還困難区域・避難指示解除区域 の給餌・保護活動

原発事故後避難区域となった地域で

常に複雑な事情が絡んでいる地域での活動ですので 代わりの方がいるわけではありません。

東日本大震災から6年が経ち

現在 終着地点 を目指していますが なかなか思うようには進みません。

もし団体の継続も立ち行かなくなった時 この地域の子まで巻き込み兼ねないのが心配です。

どうか この地域での 活動のご理解をして頂いて 当団体の存続に力をお貸しください。




ご支援のお願い!
シェルターの運営は 未だ厳しい状況を脱していませんが
なんとか出来ないかと代表は金策に 必死で動いてくれております。
この現状を打開することが出来ず シェルターを失えば
多くの動物たちが居場所を失います。

 
どうか皆様のお力を貸してください。
ご支援方法はこちら↓↓↓




*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*


【ご支援のご協力のお願い】

■支援金について
支援金のご協力をいただける方は、下記口座へお願いいたします
ゆうちょ銀行 二一八(ニイチハチ)支店 
普通口座 3533562 にゃんだーガード
( 記号12130 番号35335621)

※シェルターの維持管理費・収容動物の医療費・給餌保護活動費・TNR費用として大切に使わせて頂いております。
ご支援金を支援頂いたご報告お礼は、代表ブログのトップに掲載しております。
収支報告は、年一回 ホームページ代表ブログ上に掲載されます。こちらを参考にしてください。
支援物資への金銭の同封は、紛失の恐れもありますのでお避けくださいますとありがたいです。 
領収書をご希望の方は、振込日・振込名義・金額・送付先のご住所とお名前を
dorianbutamaro-kanare★yahoo.co.jp(★→@)まで
または、シェルター固定電話0247-73-8915ご連絡ください。
領収書の宛名や但し書きにご希望があれば、その内容もお願いいたします。
※特にご希望のない場合、「振込名義」「支援金」で作成しております
■物資のご協力について
送付先 福島県田村郡三春町山田字福内100-1 にゃんだーガード
現在緊急に必要なものに関して、トップ固定内を編集し、緊急で募集いたしますので、もし宜しければ常にこちらの文章をご確認頂けますと大変助かります!
にゃんだーガード アマゾンほしいものリストは、常時ほしいものを掲載させて頂いています。
支援物資をとご検討下さる際にはぜひご参考にして頂けますとありがたく思います。
シェルターにお送りいただいた支援物資に関しては、毎日その都度到着のご連絡をする余裕がありません。
月に一度ほど掲示板でのご報告とさせていただいておりますのでどうぞご了承ください
■ボランティアについて
現地でお手伝いしていただけるボランティアさんを募集しています
長期~日帰りまで可、シェルターで宿泊できます。
日程・同行人数が決まりましたら、掲示板のボランティア参加表明専用スレッドに書き込むとともに、
注意事項・ボランティア規則の確認をお願いいたします。
新規投稿はせず、上記リンクを開いたら下に行き、件名が Re:【シェルターボランティア参加表明】
の状態で書き込んでください。

最寄の社会福祉協議会で 「ボランティア活動保険」の天災タイプにご加入ください。
ご自分の怪我に関しては「自己責任」でも済みますが、他人に怪我をさせた場合や物品を損傷して
損害賠償責任を負われた場合のことをお考えいただき、出発前に必ず加入ください。 
加入の翌日から有効となります。
加入せずに現地へ来られた場合、活動への参加をお断りしたり 活動内容を限定させていただくことがあります。
なお 参加当日の到着時刻変更やキャンセルなどのご連絡は、シェルターへ直接お電話下さい。
メールや掲示板ではチェックが間に合わない場合があります。
シェルター固定電話 0247-73-8915   ※7時から23時まで


スポンサーサイト
 
プロフィール

にゃんだーガードスタッフ

Author:にゃんだーガードスタッフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ